抗真菌剤を含むボディーソープ

真菌とは、カビの一種で、人に感染するカビは白癬菌とかカンジダなどがあります。
足に感染した場合は足白癬(水虫)といわれ、そのほか、爪白癬(爪水虫)、頭部白癬(しらくも)などがあり、カンジダは、人の体に普通にいる真菌ですが、免疫力が落ちたときなどに感染症を引き起こします。
抗真菌薬の効きかたですが、人間の細胞膜は、コレステロールが主成分であり、真菌の細胞膜はエルゴステロールが主成分です。
真菌感染症の治療はこの性質を利用して、真菌を殺せばいいわけですから、人と真菌の細胞膜の主成分をターゲットにして、エルゴステロールとむすびつき、その結果細胞膜に穴を開け、細胞の中身が外に出てくる成分を抗真菌剤といあて投与すればよいのです。
この考え方に基づいて最近、効果的な抗真菌薬がいろいろと医療用または市販薬(外用)として用いられています。
そのうちの一種の抗真菌薬にケトコナゾールがあります。
このケトコナゾールは単独では内服薬とか、ゲルやクリームや膣座薬や注射財として用いられています。
このように剤形を変えることで体のあちこちの真菌感染症の治療にもちいられています。
その使い方の一種として、抗真菌薬をふくむボディソープとして発売されているものがあります。
このボディソープの使用目的は、洗顔、手、足、わきの下などの局所の洗浄や殺菌、体臭や汗臭の予防、ペットに触れた後の手洗いに、敏感肌の人の洗浄に使えます。
使用方法は、適量を手に取り、やさしく洗い流しましょう。
注意すべきことは傷やはれ、かぶれやただれなどの皮膚障害があるときは悪化の恐れがありますので、使用をしないことです。
かぶれや刺激感がでてくれば皮膚科の治療を受けましょう。
目に入った場合は十分洗い流しましょう。

<おすすめの水虫治療薬はこちら>
ニゾラールクリームで水虫退治
イトリゾールのジェネリック